loadingなう

Blog

ダダダダ ダディーマン

絵本の情報

タイトル
ダダダダ ダディーマン
作者
作・絵:みやにしたつや
出版社
ポプラ社
出版年月日
2014年10月
ダディーマン

あらすじ

どんな怪獣にも負けない、困ったときの救世主。
その名も、ダディーマン!!
だけど、ダディーマンって
もしかして…。

感想

※ネタバレが嫌な方は先に作品を読むことをオススメします。
 
 
 
 
ダディーマンの人形の変わる表情
 
 
お父さんはどこか不思議で頼もしい
 
やっぱりお仕事があって
こどもの僕たちは
お父さんのことは知らないことがたくさんあった。
 
それは今もそうだなーと思います。
 
僕自身も母親との時間が圧倒的で
父親との思い出は、母親ほどはなくて
 
それでもどこかで見てくれている、分かってくれている。そして気づかないうちにそっと手を差し伸べて助けてくれている。
 
そんな存在であってほしいなと
いつも思います。
 
この絵本にはそんな要素がいっぱい詰まっています。
 
男の子が大好きなヒーロー「ダディーマン」
その男の子がいろんな怪獣に襲われてしまう。
そして、その度にどこからともなくダディーマンが現れて助けてくれる!
でもそれがお父さんなんじゃないか?
と疑って、わからないままお話が終わる。
 
 
 
現実の僕らの世界は怪獣を倒すヒーローのお父さんはいないけどー
毎日満員電車に乗って
汗だくになりながら走って
怒られても「歯をぐっと食いしばって」頭を下げて
 
戦っているお父さんがたくさんいます。
 
家族という大切なものを守るために戦う
立派なヒーロです。
 
でも働いている姿や
どんなふうに頑張っているかは
家族には秘密のままで
笑って帰ってきてくれる。
 
そんなふうにも読みとれる
絵本なんじゃないかなーと思いました。
 
 
 

ダダダダ ダディーマン 絵本 子供 赤ちゃん 幼児 おすすめ 人気 知育 誕生日 2歳 3歳 誕生日プレゼント 男の子 男 女の子 女 出産祝い

 
 


ごましおパンチ ごましおパンチ