loadingなう

Blog

交差てん

 
不確かなリズムを刻みながら走る、バイク乗り。
 
 
うるさすぎる音とリズムをつくりだす手首をおもうと
もう………
あー、いかん。
午前3時23分。
 
 
 
もしこの近所に
バッハが住んでいるなら。
 
ねまきに裸足で家を飛び出し、
あの立派な髪の毛をふりみだしながら、血走る目で全力疾走。
 
 
そして、なにがなんでも捕まえ
右ビンタからの左エルボーだろう。
 
「何時やおもてんねん!」
「んで、そのリズム好かんわ。」
「ちょっと、今から家きぃ!」
 
 
 
………
彼のバイクは鍵盤にかわり
 
人々は彼の演奏にうっとり。
100年に1人の逸材と呼ばれる。
 
そんな彼のもとにはテレビや雑誌の取材が殺到。
 
 
「あなたの音楽の原点とは? 何歳から音楽を?」
 
「んー、それがよう覚えとらんのです…。」