loadingなう

Blog

具現郷。


 
 
コロリと懺悔するように佇む松ぼっくりを拾おうと屈んだら膝がポキっとなったから、きつく凝り固めた表情が綻んでそのことがおならをした時のようにすごく恥ずかしくて周りを見渡してみたけどあるのはどっぷりと浸かった秋で。冬といってもなんら申し分ない寒さの中、木枯らしにも負けず決死の思いで手にしたぼっくりを手の中で遊ばせているボクの横をスキップで通り過ぎようとする、ふくよかなおばちゃんの背中にぼっくりを投げつけたら跳ね返ってきてくれるという由無し事が支配に支配を重ねパンパンになった思考から手から巣立たせた瞬間、おばちゃんはダウンジャケットの中から手を出したんだけどその御手が当たり前のようにキャッチャーミットになっていてストラーーーイクと甲高い声を出しキャッチしたので砂埃がたち、立場的に逆転してしまったことにへどもどしているボクの暮らす街に昔からある岸接骨院の看板が既視接骨院になっていてケーキ屋の名前は二ゲロに変わっていて心臓ばくっばくキョロロロ瞳で振り返りざまにおばちゃんを捉えた時には距離ゼロの所に鎮座しておりキスをされた。3秒後思考が舞い戻ーるボクは祖父のもっている頑丈で猛然に廻り続ける地球儀でコイツを殺してやろうと、ふぁーすとを奪われた事に利き手がわなわなと力み始めたことで、昨日ポジションをもぎ取られたのを思い出さされた。ファースト。ファーストはストライクをとれないとれるのはアウトアウトアウトなんだと言いつけてやる前にバシンと抱きしめてくれたおばちゃんに子供と大人の透目で漂うボクはナイスキャッチと一文字ごと途切れ途切れに言う。
ちゃんと流涕していたから。
流れは流れに身を寄せシミになった。
 
 
 
山羊の小言 山羊の小言

前の記事:

次の記事: