loadingなう

Web Magazine

日々 4月

日々

月1更新ウェブマガジン「日々」。


 

活動記録

今月に作ったもの・やったことをここで紹介。

音楽はごましおパンチ。動画は國。2人で作りました。ふと気付くと腕とか足とか、「いつの間に出来たんやろ。」っていう青痣があります。誰かとぶつかってできたのか、勝手に自分でぶつけただけなのか。わからないけど、どうであれそこには痣ができているわけです。もう少しみんなが自分に寄り添ってあげられたらなって思います。

動画は静止しているようで、ちゃんと変わっていってます。この曲をきちんと映像にして、日常を切り取ってます。平気なふりは得意です。でも溢れてくるものがあって、それを映像にして映し出してます。
是非一度観て、聞いてください。(文:ごましおパンチ)

日常を象る「流れ」を表現しました。牙を剥いたり、時にはぬくもりを感じるほど近付いてきたり。辟易も大切にしながら歩きたいです。(文:國)

「あざ」

あざ Playback


「あざ」
あざ
Playback

音楽はごましおパンチ。動画は國。2人で作りました。ふと気付くと腕とか足とか、「いつの間に出来たんやろ。」っていう青痣があります。誰かとぶつかってできたのか、勝手に自分でぶつけただけなのか。わからないけど、そこには確かに痣ができています。自分を思うための曲を作ってみました。
動画は静止しているようで、変化しています。溢れてくるものを、映像にして映し出したかったんです。
是非一度観てください。(文:ごましおパンチ)
 
日常を象る「流れ」を表現しました。牙を剥いたり、時にはぬくもりを感じるほど近付いてきたり。辟易も大切にしながら歩きたいです。(文:國)

「東京タワー/NakamuraEmi」

東京タワー/NakamuraEmi Playback

NakamuraEmiさんの東京タワーを弾き語りでカバーしました。とても大好きな方の一人です。大人の女の人だから書ける歌だし、この人が歌うから説得力があるといつも思います。この動画はiPhone1発録りです。そのことで生まれるライブ感というか、ある種でたらめな部分も含めて聞いてほしいです。(文:ごましおパンチ)

みたもの みえたもの
-スナップ写真-

撮影者:國

撮影者:ごましおパンチ

着ても脱いでも、けったいな。

Instagramのコーディネートアカウントから今月の分を。

その他のコーディネート。 @yagiyagiyagi30

ごましおランチ

日々食べるもので、良かったお店をここに書きます。

「あさひ」

住宅街の路地裏にひっそりとある「あさひ」。お店の周囲のお家もレトロな空気感が漂っていて、タイムスリップしたような感覚になります。
1927年創業のお店は、その長い歴史を感じさせるだけじゃなく懐かしい気持ちにもさせてくれます。
メニューもたくさんあって、毎日通っても飽きないくらいです。

BGMは昭和の名曲を有名な歌手がカバーしたCDがずっと流れています(笑)
でもそれも含めて雰囲気を作ってるんだろうなぁ。

とりあえず週2くらいでは通おうと思ってます。
「あさひ」
住所:兵庫県伊丹市東野1丁目69

ムぅヴぃ

國が観た、今月の映画映画鑑賞記録と小噺。

  • ライフ・イズ・ビューティフル

    ライフ・イズ・ビューティフル

  • ピザ!

    ピザ!

  • グッド・ライ〜いちばん優しい嘘〜

    グッド・ライ〜いちばん優しい嘘〜

  • シャイニング

    シャイニング

  • ドリームハウス

    ドリームハウス

  • ペネロピ

    ペネロピ

  • 星の王子  ニューヨークへ行く

    星の王子 ニューヨークへ行く

映画を観る
側にある
ずっと側にあったって言える
映画を通して人をみてきた
音の存在を聴いてきた
漂うにおいを感じた
あるひと時を重ねた
些細な仕草につまっていた
わからないことがあると知った
孤独になって孤独を忘れた
説明できないものが体中を駆け巡った
あいつの発言に少し寛容になれた
怒れた笑えた泣けた眠れた飛び跳ねた忘れた近づけた温かかった一人じゃなかった
全部全部全部知らない人。
僕には何ができるのだろう

四方山ばなし

「大切なことはだいたいNBAが教えてくれた。」2人で好きなことをただただ話す。そんな場所です。

第1回『衝撃を受けた選手といえば…?』

國:衝撃を受けた選手といえば、やっぱりアイバーソンかなぁ。
ごましおパンチ:おれはなぁ…ノビツキーやな。
國:バスケをやり始めたのが小学5年生の頃で、アイバーソンを知ったのは6年生くらいやったと思う。
ご:お前にバスケ教えたったんはおれやからな。あっという間に抜かれたけどなwww アイバーソンは見た目もプレースタイルも他とは一線を画してたな。やっぱ、体格が似てるっていうのが1番惹かれたとこなん?
國:あの頃ほんまはキャッチボールしたかってんけどな…(笑 ママチャリの後ろ籠をリングに見立ててシュートしてたの覚えてるわ。
体格が似てるっていうのは後付けで装飾されていったものかもしれへん。顔、ユニホームの着こなし、タトゥー。バスケの技術とは別の部分に惹かれたのが1番最初なんやと思う。でも、どこで見かけて知ったのかが思い出されへんねん。友達の家でみたYouTubeか、近所のスポーツ用品店か、NBAの雑誌か、レンタルビデオ屋のスポーツコーナーか…
ごましおはバスケ部でPGやってたと思うけど、なんでノビツキーなん?
ご:なるほど。NBAを席巻するような選手やしどこで見ててもおかしくはないな。

たしかにガードやったなw それは顧問の先生の指示で気づけばガードやってただけやw でも今思えば自分は足も遅いし、背がめちゃくちゃ高いわけでもないから、ガードでパス出して他の人に点を取ってもらうことしかできひん。そういうプレイヤーやったからかも。

そんな時に見つけたのがノビツキーやって。あの人はセブンフッターやけど、ターンアラウンドからのフェイダウェイ。スリーポイント。
背が高い選手やのに常識を覆すプレースタイルをしてて、しかもシュート決め続けるメンタルの強さがあった。

そこからめちゃくちゃフェイダウェイ、ターンアラウンド、スリーポイントを練習したw
自分は身長はフツーやけど、今やってるバスケでも確実にノビツキーに影響されたプレーが体に残ってるなと思うで。

お前はアイバーソンからNBAに興味を持ち出したんやろうけど、今現役の選手で言えばカリーやんな??

國:今のスピーディーな試合展開では、体の大きい選手も外からシュートをうてて当たり前みたいになってるけど、あの頃のノビツキーは革新的やった。
そういう選手が出てきてくれたからこそ今のバスケがあると思うし、ドイツ出身っていうのも衝撃的。
全世界のバスケ好きに希望をもたらしてくれた選手やと思う。

アイバーソン、ジェイソンウィリアムスは自分の中でもう神格化してもうてるなぁ

カリーは自分が再びNBAに没頭するきっかけになってくれた人やねん。
一時期NBAを見てない期間があって、ある日の夜中久々につけたBSで放送してたのがGSWの試合。
その時のチーム全体の尖ったオーラに衝撃を受けてん。12-13シーズンやったんちゃうかな?
グリーン、トンプソン、カリー、もう虜。

ごましおはハーデン?
ご:カリーはバケモンやw NBAの歴史を作ったな。
その伝説の瞬間瞬間を見れたのはほんまにラッキーやで。

今はハーデンやなー!海賊みたいななりやのに繊細、多彩な技。
しかもルールを作ってまうようなムーブやでw

キャラも立ってるし、プレーでも人を魅了できるのはサイコーや。

おれはギャップに弱いんかもなw
女子の恋心と同じやな。
國:人を惹きつけるプレーをする選手は美しさすらもそなえもってるよな。NBAはスポーツの枠に留まらず、一種のエンターテインメントとしても確立してると思うし。そこに作り物みたいな側面がうつしだされているのではなくて、リアルな感動があるから面白い。
選手のファッション、キャラ、バックボーン、美しいプレー、NBAをみるきっかけはいっぱいあるから、色んな人に観て欲しいなぁ。
ご:せやな。事実は小説より奇なり。
真剣勝負の先に、必ず何かが待ってる。それが俺らの心を惹きつけてるんかもな。

NBAはカルチャーやな。いろんな切り口で楽しめるし、みんなが知らんだけで
それNBAから始まったものなんやでーみたいなんもあるからな。
そういうのんを発信していきたいな。

次回は「NBAのユニフォーム」について話そうかなと思いますー!

前の記事:

次の記事: